歯のトラブルは歯医者で解決|歯医者探しナビ

女の人

最も恐ろしい病気

女性

歯の病気には虫歯以外にも歯周病があり、歯周病菌が増殖することによって発症するものなので放置しておくことは危険とされています。症状には初期と中期、そして末期と3段階に分かれています。それぞれの段階で症状は異なりますが、初期の段階で治療を行なっておくことで早めに完治できるのです。そのため前もってそれぞれの症状を知っておき、大阪にある歯医者で治療を行なうようにしましょう。

歯周病は初期段階だと日常生活に支障がないので、自覚している人も少なく気づきにくいとされているのです。しかし初期段階では痛みを感じることは少ないですが、歯茎が腫れてしまい歯磨きを行なった時に歯茎から出血する症状があります。また、歯の間などに歯石がたまってしまいます。初期症状の段階では大阪の歯医者で歯石の除去を行い、歯磨きをきちんと行なうことで進行を防いで完治できるため、症状が現れたらすぐに大阪の歯医者で診てもらうようにしましょう。進行が中期段階になると初期段階よりも歯茎の腫れや出血が酷くなり、腫れた部分から膿が出て臭いを発生させてしまうのです。また、末期段階では歯茎の奥まで歯周病菌が到達してしまい歯を支えている骨を溶かし歯が抜けてしまうのです。歯周病は歯茎の中に侵入すると骨を溶かすだけではなく、歯茎の血管を通して体全体に入り込み脳梗塞や糖尿病など様々な合併症が引き起こされてしまいます。末期症状になってしまうと治療が困難な場合もあるので、早めに大阪の歯医者で治療し、歯周病予防をしておくようにしましょう。