歯のトラブルは歯医者で解決|歯医者探しナビ

女の人

厄介な虫歯

入れ歯

虫歯になると痛みを伴います。しかし、中には痛みが伴わないものもあり、それが「トンネル虫歯」なのです。食べ物を食べているとよく詰まってしまうことや、歯に大きな穴が開いているのに痛みを感じないことがある場合があります。トンネル虫歯は名前の通り、歯の中でトンネルを掘るような形で進行していきます。痛みもなく症状が出ることがほとんどないため大阪の歯医者で診てもらっても見つけることが難しいとされている厄介な虫歯なのです。歯の間は歯磨きを行なう時にブラシが入りにくい場所なので、食べ物のカスや汚れが溜まりやすくなっているのです。それにより、細菌が増殖しやすくなっており、トンネル虫歯を作りやすいのです。

トンネル虫歯を発見するためには、レントゲン撮影が有効とされています。大阪の歯医者で行なっているレントゲン撮影では、撮影をするだけで歯の状態がはっきりわかるため、目に見えない症状でもすぐに発見することが可能です。トンネル虫歯ではないかと不安に思う人は、一度大阪の歯医者に相談して、レントゲン撮影を行なうとよいでしょう。そして、発見された場合は、そのまま放置しておくのではなく早めに大阪の歯医者で治療して進行を防ぐことが大切です。レントゲン撮影で発見されず歯に異常が見られない場合でも、きちんと予防をしておくことが大切になります。毎日丁寧に歯を磨くことでトンネル虫歯以外にも他の虫歯予防にもなるため、しっかり磨いて虫歯を予防しましょう。